京都精華大学映像コースのEIZOな日々
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 美味いパン | main | ボーボーラボ#11「画面が小さくなった人々へ。」 >>
簡単アニメーション
こんばんわ♪
髪を切りたい欲望がはち切れんばかりの葉大です。
いきなり動画!!



本日作ったコマ撮りアニメーションです。
この動画は枚数的には約800枚です。
まぁ800枚の写真を撮ったということですが…
また無駄にフルHDで作られています。
ちなみにフルHD等の情報が知りたい場合は以前のボーボーラボへ。笑
これはテスト作品です。

いつか…ちゃんとしたコマ撮りアニメーションを撮りたい物ですね
ちなみにコマ撮りアニメーションを実写でやる良さは実写では出来ない動きができるという点ですね。
枚数が多ければもっと滑らかな動きも可能なんです!
約11秒辺りに中に浮いたまま動くというシーンがあります。
実写の動画では不可能な動きですね♪
写真を撮る労力は大変ですが
頑張った分できた作品を見ると大変感動的ですよ。

最後にeizoの学生が作ったコマ撮りアニメを


全体的にかわいいですね♪
俺が作った作品とは全然違う…
本日我らが助手タンさんが言っていました。
「映像作品はレンズを通すことでそのひとの色が出てくる」
名言ですね!
映像作品はその人の見ている世界を見ることが出来るといっても過言じゃないんです
みんな違ってみんないい!

ちなみにeizo生の作品の一部はyoutubeのseikaeizoチャンネルで見ることが出来ます!

一応リンク!!
では本日はこの辺で!
明日は七夕パーティーでもしたいものです…
またタンさんの名言を拾って参ります!


でわ♪
サラダバー♪



スポンサーサイト
赤ちゃんの瞳はうるうるして美しい。見る度に思いますが。
そして、その瞳から見ている世界は、どういうふうに映っているのか、見たくて仕方ありません…

映像作品は作者のレンズ(=瞳)を通して捉えた世界ですから、その作者の視野を共有させてくれたことになりますね。

あなたの捉えた世界を、覗かせてくれませんか?
tanjc | 2010/07/08 12:12
COMMENT









Trackback URL
http://eizome.jugem.jp/trackback/50
TRACKBACK