京都精華大学映像コースのEIZOな日々
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< グループワーク(悩み?) | main | 神戸芸術工科大学に行ってまいりました >>
京都で映像を学ぶってこと
まちい
こんばんわ。あいかわらず帰宅が10時を回るtanjcでーす。
大事なネタいっぱいあるけど、なんでこのタイミングこれを書くのか
いろいろ突っ込まれる覚悟で、これを書きたいと思います。

---------------------

映画か映像か何かを学ぼうと、大学を探してる人は
どうやって選ぶのでしょうか?

私はまず、「京都」を選びました。

学部卒業後、大学院どこ行こうかなと迷ったときに、
予備校(代ゼミ)の先生からもらった手紙の言葉を思い出しました。
#
日本のいろんな側面をしっかり見てほしい。
日本の現代(東京)、郷土風俗と原風景(東北)、
そして古き良き造形と文化が残されている古都=京都をもぜひ。
#
(留学生なので通ったのですが)1年間の日本語学校は東京でしたが、
学部は山形の東北芸術工科大学に行きました。
必然的に、私にとって未知な日本、そしてコアなニッポンが見れるのが
京都ということになりました。


3年生の夏休みに青春18きっぷをかた手に、
山形から36時間の鈍行電車に揺られて京都に来ました。
レンタルサイクルで京都精華大学にたどり着いた私は
ヨレヨレの格好で教務課の職員に声をかけてみました。
そうすると、課長さんらしき人物にいろいろ丁寧に案内してもらいました。

未だにうまく説明できないが、
「精華」にして良かったです。

この課長さんをはじめ、私はここで多くのステキな、人間くさい方と出会いました。
精華にしたのは、出会った瞬間からの決意でした。
大学とは、専門知識を学ぶ場所(知との出会い)ではあるけど、
人(智)との出会いの意義がもっと大きいと私は思います。
個性を重んじるこの大学では、いろんな出会いを与えてくれました。

京都に身を置いて10年目。
正直、「京都」を学ぼうと真剣に取り込んだことはない。
しかし、世界遺産に囲まれる日常生活の中で
いちアーティストの私の感性には何かしら染み込むものがあったはず。
それがどう作品表現に出ているか当の本人は気づかないが
よく指摘されています。

できることならば、このまま、ずっと京都にいたい。
そして、精華の近くで。

---------------------

海辺で生まれ育った友人が、やっぱり海の見える生活がしたいといって
卒業後に京都を出て、湘南に移り住むことにしたらしい。
今朝その話を思い出して、
「そうだ、私はカナヅチなんだから、京都でよかったのかな」と。
そんなことをボーと考えてるうちに、今日のブログ当番がまわってきました…
スポンサーサイト
すごいバイタリティだと思います
まるみえ | 2010/07/03 13:54
私はこの記事すきよタンさん◎
堂々とそんなふうに言えるのって
とっても素敵なことだもの。

いろいろ考えさせられるね。

私、いま絶賛悶々中なので
近々ゆっくりお話したいですの。
よければ、ぜひ+
かいじょう | 2010/07/03 10:53
私もハンマー
| 2010/07/03 03:30
「精華」にして良かった、と私も卒業する頃にそう思えていれば幸せだなあと思います。
麦茶 | 2010/07/03 00:26
tanさん走馬灯みたいな日記だね
ちなみに俺は海で育ったので水着美女が大好きです
葉大 | 2010/07/02 23:27
いろいろ頑張りすぎて疲れたからか、こんな記事になったけど…ぜんぜん病んでないよー
tanjc | 2010/07/02 23:11
ちょ、タンさん、何があった!?(笑)
マギー | 2010/07/02 22:56
COMMENT









Trackback URL
http://eizome.jugem.jp/trackback/45
TRACKBACK