京都精華大学映像コースのEIZOな日々
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 1年生の授業風景 | main | 総合プロジェクト、プレゼンの様子 >>
メディアアート、中間合評
こんにちは!

今日は、2年生のメディアアートの授業で制作した作品を紹介します。
今回は、1グループ3,4人程度分かれて(全3グループ)、光に反応するセンサーを使った作品を制作しました。


こちらは、中央にある台に乗ると、円形に映しだされた映像が切りかわるというものです。
台の上に乗るたびに、ランダムに数種類の映像が流れるようになっています。
上の動画では、月面の映像が映しだされています。



こちらは箱の中にセンサーが取り付けてあって、箱のふたを開けると映像が流れる仕組みになっています。こちらもランダムにいくつかの映像が流れるようになっています。



こちらは、台に置かれたノートに懐中電灯の光をあてると、風景の映像が点滅しながら映し出されるというものです。黒い台の下にセンサーが設置してあって、それが光を感知するようになっています。
こちらが映し出された風景の様子です。「ピッピッ」という心電図のような音に合わせて映像が点滅しながら流れていました。

この授業で初めてセンサーを触るという学生がほとんどでしたが、どの作品もちゃんと動いていました。最終合評ではどんな作品ができるのか楽しみです!
以上、3グループの学生作品の紹介でした〜


たなか


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://eizome.jugem.jp/trackback/323
TRACKBACK