京都精華大学映像コースのEIZOな日々
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 京都精華女子高校×映像コース 高大連携模擬授業 | main | 1年生の授業風景 >>
映像コース×音楽コース 合同制作作品
 3年生の前期の授業で、映像コースとポピュラーカルチャー学部の音楽コースの学生が合同で作品を制作しました!
その作品がYouTubeにアップされたので、是非ご覧下さい!


今回は、梶井基次郎の著書「檸檬」(内容はこちら)をもとに、
「起・承・転・結」の4チームに分かれ、映像コースはロトスコープという手法でアニメーションを制作しました。
ロトスコープとは、まず最初に実写映像を撮影し、その映像の動きを手描きでなぞっていくという、とても制作に時間のかかる手法です。
4チームそれぞれ、どのようなタッチのロトスコープにするかを決め、色鉛筆やペン、水彩、コラージュなどで絵をつくっていきました。

音楽コースと合同でこの授業をするのは初めてだったので、音楽コースの学生への曲調のリクエストや制作についての話合いなど、今まで経験できなかったことができたようです。

制作できる期間もかなり限られているなか、みんなよく頑張りましたー!


ちなみに、このロトスコープの課題は毎年恒例の授業です。
昨年度の課題も是非ご覧ください〜!

たなか
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://eizome.jugem.jp/trackback/321
TRACKBACK