京都精華大学映像コースのEIZOな日々
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< PiKAPiKA体験 | main | 映像コース×音楽コース 合同制作作品 >>
京都精華女子高校×映像コース 高大連携模擬授業
 こんにちは!
先日、京都精華女子高校と映像コースの高大連携模擬授業でアニメーションワークショップを行いました!

まずは相内先生の自己紹介とWSの内容について説明。

「これをこうして、こうやってアニメーションを描くんですよ〜」

ホワイトボードには、作業行程がぎっしり書かれていました。


今回のアニメーションのテーマは「メタモルフォーゼ」。
それぞれが描いたアニメーションをリレー方式でつなげて、最終的にひとつの作品をつくります。
最初は何をどうしたらいいか分からず困惑している学生もいましたが、内容を理解してからは、みんなものすごい勢いで描き進めていました!
1人あたり10枚でアニメーションを描く予定でしたが、用意していたアニメーション用紙が足りなくなるくらい、ほとんどの学生が10枚以上描き上げていました。


みんな、描くのが速いだけでなく、絵もとても上手で驚きました!
美術科の学生さんたちだったようで、普段から絵は描いているそうです。

描き終えたら、原画を撮影してパソコンに取り込み、編集。
そして上映です!


みんなの絵はばっちりアニメーションになっていて、初めてとは思えませんでした!
ワークショップは4時間程度しかなかったにもかかわらず、とても素晴らしい作品が完成しました!疲れ様でした〜!
完成した作品はYouTubeにアップしているので、是非ご覧ください!


それでは!

たなか



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://eizome.jugem.jp/trackback/320
TRACKBACK