京都精華大学映像コースのEIZOな日々
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ボーボーラボ#3 「ボーボーになる?!」 | main | あーときゃんぷ >>
ボーボーラボ#4 「プレゼントするのがコツ」
最近、よく同じ相談に乗ります。
「どうやったらPhotoshopとIllustratorが上達になるの?」

パソコンは苦手じゃないが、DTP(パソコンでデザイン作業)を初めて学ぶ人がほとんどなので、
「本を読む」のが入門の鉄則です。

予算が許すかぎり、入門書を購入するのがおすすめです。
(お金をかけて買った本だから読み倒す意地が原動力になる場合は多々あります。ぷふっ)
買いたくない人は、ソフトの「ヘルプ」(=取説)を読んでください。

必然の流れですが、入門書は読みながら操作の実践を試みること。
最初はたぶん馴染みのない用語だらけで、ワケがわからないと思うが、ここは辛抱を。
覚えられなくてもいいから、読み進んで、全部操作してみるんだよ。

で、次のステップが私流(tan流)です:
誰かに贈るためのプレゼントをつくる。Birthday Cardとか、年賀状とか。


理由は3つ:
1.タイムリミット(ノルマ)があると、ケジメつけやすい。
2.想いを込めてつくるので、楽しい。
3.プレゼントをもらってくれる人が褒めの言葉と意見をてくれる。

ポイント1:
渡す日(期限)が近々迫ってくる誕生日や記念日などを納期に設定する。
ポイント2:
愛する人、好きな人、尊敬する人など、想いが強い相手を選ぶ。

どうでしょうか?
やりがいがあるでしょうか?
そうしないで、本を読んで練習するだけだと…
1.目標が定まらず、ダラダラやるか途中であきらめてしまう。
2.習作が習作に終わってしまうと楽しくないし達成感がない。
3.誰からも評価をもらわないとうまくいってるのかわからない。

さー 誰かにプレゼントするために、楽しんでがんばろうーー
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK