京都精華大学映像コースのEIZOな日々
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 六甲山にて | main | 箱で駅伝、#7「未解決」 >>
日常生活いろいろ。

こんにちは。


少しマメに記事を書いてみようと思いたちましたdoiです
Turkuに入ってから1ヶ月がたちました。
信じられないくらい早い!

今までに無いくらい、一ヶ月にいろいろなことがあって
この短い期間だけでも
ぎゅっと濃縮された日々を送った気がします。


きっと7ヶ月なんてあっという間なんだろうなぁ
そう、わたしは2月までこちらに留学する予定なんです。

先輩たちの卒制が1月にあって、すごく見たいので、葛藤してます。

来年はわたしも4回生だからなぁ
見ときたいと思うのですけど、悩み、悩み。




サマースクールが終わってからは
ヘルシンキに精華プロダクトのあやちゃんに会いにいったり

サマースクールのメンバーで
各国料理パーティを楽しんでました◎

日本 オーストリア ドイツ 韓国 チェコ
食べるのすきなわたしにはたまりません*


サマースクールに参加したおかげで
いろんな国の友だちができて、わくわくしてます。
もちろん食べ物のことだけじゃないですよ。



土曜日はヘルシンキのインテリアデザインフェアに行ってきました!

フィンランド初の電車旅にどきどき。
日本の新幹線みたいに快適でした。

2時間半ほどで、トゥルクからヘルシンキに到着

東京ビッグサイトより
規模がおおきくて、人でわちゃ〜ってなってました



獣の皮を羽織った王様が寝てそうなベッド



インテリアの部門は企業のセールスという感じの雰囲気でしたが
照明のデザインはカラフルで、かたちもやわらかい雰囲気のものが多くて
見ててすごく楽しかった・・・!





日本ではなかなか見かけない色と、生き物みたいなデザインの照明があって
あかりというだけでなく、空間をおしゃれにするものとして考えられている気がして
すごく好きです。


今回は、アートの展示もあり
このブースでは展示販売・展覧会が行われていました。



ちょっと気になる作品
頭がコロッケみたいで体が犬なのかバンビなのか、っていうチグハグがたまらんです




前期に精華テキスタイルに留学していた、フィンランドの友だちの作品もありました
型染めの技法で作られています




3時間半くらいかけて見回ったけど
ぜんぜん見終わらないくらい、人も内容もたくさん詰め込まれていて
すごく満たされました。

見にきている人たちは、
家族連れやカップルがすごく多かったです。

もちろんデザインの勉強や、セールスに来ている人たちもいましたが
ちいさい子どもを連れて来てるひとを大勢見かけました。

実際に買い目的で来ている人もいるようでした。
日本なら、家のインテリアは
デパートの家具屋さんで揃えるひとが多いイメージを持っているのですけど
フィンランドの人って、自分の生活に関わるインテリアにすごく興味を持ってるんだなぁと
感じた日でもありました。





●Niistä riisinjyvän

フィンランド情報ではないけど、
ルームシェアの様子をすこし。


今日はイタリアのルームメイトが
お昼にカルボナーラを作ってくれて
すごく美味しかった・・・

前からパスタ作って!と言いまくってたので
教えてあげるわね、と作ってくれました*笑



夜にお味噌汁を作ったら
ルームメイトたち2人とも
“美味しい!”ってよろこんでくれました*

大豆を味噌のような状態で食べたことがないらしく
肉代わりにハンバーグ?のようなものを作ることはあるけど
それはまずいんだ〜、と言っていました。



最初はうまく喋れなかったけど料理をきっかけに
ルームメイトたちといろんなことが
話せるようになってきました。


彼女たちは、たまに
夜にパブやクラブに行ってるのですが

会ったときは、かならず挨拶でもいいから
何か話しかけるようにしてます。

生活時間がずれて会わないこともあるので
いろいろ話しておきたいのです。


2人ともクリスマスには帰ってしまうので
いなくなったら本当に本当に寂しい・・・!

そのぶん、いまから
思い出をたくさん作れたらなぁと思います。




フィンランド時間 1:46
みなさんはもっと早く寝ましょう。
書いてると長くなってしまうdoiでした!

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://eizome.jugem.jp/trackback/104
TRACKBACK