京都精華大学映像コースのEIZOな日々
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カザフスタン遠征記 初日〜2日目
 こんにちは、助手の小澤です。

現在カザフスタンの『アスタナ インターナショナル アクション フィルム 』に参加しております。
精華大学からは映像コース、マンガコース、デジタルクリエーションの学生が参加しております。映像コースからは合計9人の学生と相内先生と私が参加しており一番の大団円です!

何をするかといいますと、現地に行って、中国・韓国・カザフスタンの学生がその場でミックスされ数人のチームに分かれます。そこで言語もろくに通じない中、1〜2日で作品を作らなければなりません!
実写、アニメ、マンガのカテゴリーに別れ、現在2日目、みんな超絶四苦八苦の製作中です!!

片道合計27時間の長い渡航



アラブ首長国連邦・アブダビ空港を経由


やっとたどり着いたカザフスタン・アスタナ空港


迎えにきたバスがしょっぱなから故障で動かず 笑
このため荷物の出し入れを3回繰り返す 外国っぽくてよい。


初日に早速チーム編成
最初、気を使って頂いたのか、ビデオ部門は日本人同士のチームが多くなりましたが、
うちの学生は面白くないとこれを拒否。自らそれぞれ一人で外国の学生のチームに入ることに。お前ら、やるなぁ。タフだぜ。


葉大のコミュ力は言葉ができなくても何故か通じてる 笑


普段は撮影禁止の場所。僕の理解力が正しければここは独立記念のシンボル

いよいよ制作開始。まずは言葉の壁が立ちはだかり、苦戦!
英語、カザフ語、ロシア語、中国語、韓国語が混ざる中、みんながんばってる!




2人のカザフ人とふじまりチーム 超苦戦中 ジェスチャーでなんとかする覚悟っぽい



私はというと皆がミーティングしてる中、現地の子と遊ぶ 笑
折り紙あげたらすげぇ集まってきて、一緒に楽しんだ。とても元気だった。

同行してくれている学生課の山崎さんは手裏剣もつくれるぞ

素晴らしい技を披露してくれた


ここは制作のメイン会場 どうやらこっちの美術大学らしい



矢木ちゃんと山中ちゃんはアニメーションで同じチーム。
日本人同士チームなりのプレッシャーがあり集中しています。



ここがおそらく映画祭のメイン会場 明日オープニングがある

いまもみんな必死に頑張ってます。
応援よろしく!

小澤


カザフスタン遠征記 3日目

ども、葉大です♪

カザフスタン滞在3日目は『アスタナ インターナショナル アクション フィルム フェスティバル』の初日になります!!
本日はすこし作業してからフェスティバルへGO!という日程でした。

カザフスタン3日目をOza's Photoと葉大で振り返っていきたいと思います。

しかし、まずは悲しいお知らせです。

二日目まで日本チームが使っていたバスなのですが
つ、ついに壊れてしまいましたー、がーん

 
うーん、初日から調子悪かったし、窓割れているし(カザフスタンのバスのデフォルトw)
二日間よくがんばってくれましたー、拍手!

みんなここのチームで作業していますが
相内さんも講義のための資料づくりに大忙しです。

ストップモーション製作中の日中カザの合同チーム。

日本チームはなごやか?w

さて作業も夕方で切り上げて少し正装してフェスティバルに向かいます!

こちら正装した4年•3年生's

こっちは2年生's +相内さん

これが正装した全員集合状態の日本チームinカザフスタン!!

あっひとり足りない、そう、私ですw

ここがフェスティバル会場、おーかなり人がいるのです。

そしてかなり守られていますw

こちらが会場の中。
赤で統一されたなんかすごい豪華なデザインです。

私たちは2階中央席です

サイドに映るのはレッドカーペットの映像。
実は私たちここを歩きました。だから正装。
またレッドカーペットを歩いている写真は後日、あればw

さてフェスティバルが始まりました。
オープニングムービーとダンスショーの融合です!



フェスティバルの実行委員長のティムール・ベクマンベトフ監督です。
ティムールさんは『night Watch(2004)』、『WANTED(2009)』などの監督をされている方です。

そして私たちは今からティムールさんが監督をした『リンカーン -秘密の書-』を3Dで観ます!
3Dメガネをつける相内さんです。


カザフスタンの人は本当にアクション映画が好きな事をわかりました。
1つのバトルが終わるたびに拍手が起こり、
日本人には分からないところで笑いますw
やっぱり笑いのつぼはちがいますねー

ちなみに映画はロシア語で上映されたので私たちは何を言っているのかは分かりませんでした。
でもエンドロール観ないで帰る文化(私は最後まで観たいタイプ)や映画中にリアクションを取るなどカルチャーの違いがものすっごくおもしろかったですよ。

でどうせだったらということで記者会見の場で撮影。
日本人は撮影が好きです。

三日目になると私たちもたくさん他国の友達ができました。
4年生の江頭くんはあっちこっちで撮影されて引っ張りだこです。

さてまだまだカザフスタン遠征期は続きます。
今度はだれの更新でしょうかw

定番の挨拶の前にちょっとおもしろおまけPHOTO

めっちゃかわいい車。日本人はみんな写真に収めましたw

三年生の山中ちゃん(炭水化物)のセクシーポーズでオザさんを誘惑。

アスタナヒーローOZA

以上カザフスタンのアスタナからのレポートでした。

でわ、ばいにー♪


記事 葉大
PHOTO 小澤さん
カザフスタン遠征記 4日目と5日目(前編)
どもっ
カザフスタン滞在中の葉大です♪

今回はカザフスタン遠征記は制作に追われた3日目をさっとと
色々な事があった4日目の前編をお送りします。
4日目は本当にたくさんのことがあったので二回に分けてお送りしますね。
でわっ
れっつごー!

3日目はコンテストの最終日でした。どこのチームも大忙し。
レンダリングにいらついたり、提出がぎりぎりになるのは日本だけではなく全世界共通なのです。
この日は一日中どこのチームも制作でした。
完成した作品についてはまたあとで。

気づいたら辺りは真っ暗。
アスタナは日が出ている時間が長くだいたい太陽が沈むのは22時以降です。

これは制作していた会場か見える景色。
奥に見えるピラミッドがアスタナ国際アクション映画祭の会場です。

さて4日目は制作に追われていたのでこれくらいにして、
5日目にまいりましょう!
 
4日目の会場はピラミッドの一番上。
スクリーンで各チームの作品を上映します。

ちなみに会場で流れている映像は途中でPCの故障でいった流れなくなりました。
でもそんなのを気にしないのがアスタナの人々。
おおらかに構えます。w

制作した人々は皆、鑑賞中。




どこもがんばったので真剣に観ています。

ちなみに椅子は発砲スチロールで出来ています。

上映後は相内さんのマスタークラス(講義)です

言葉は英語とロシア語に通訳されます。
企画課の大羽さんが英語に通訳されます。



テレビカメラも入っています。それ以外にラジオなど大忙し!

みんなも5日目になるとコミュニケーション能力が上がって交流エンジョイ!

制作も終わりみんな楽しんでいます。

人工イケメン江頭とナチュラルイケメン千合くん

最後にコンペ参加者全員で記念写真です。
三日間という短い日程でしたがみんな存分に交流できました。
みんな国際力がついた事でしょう!!

さて完成した作品や授賞式、交流会など5日目の後半についてはまた明日。

ということで今日は以上。

葉大でした。

ばいにー♪

カザフスタン遠征記 5日目(後編)
こんばんわ♪
どもども。
本日はカザフスタンレポート5日目を前回の更新に引き続きお送りします!

今回は授賞式とクローズパーティーの様子です。


映画祭最終日はまず授賞式が執り行われます。 

まず日本代表として学生課の山崎さんがロシア語で挨拶します。

挨拶はロシア語でやったので観客には大盛況!
盛り上がっていました。
私はなにいってるのかわかりませんでしたがw

結構堂々とした立ち振る舞いだったのですがかなり緊張が伺えました。
結構緊張してたみたいですよー。

さて次は授賞式。
こちらONE DAY VIDEO コンテスト受賞チーム。
コンテストは3日間でアニメーション、VIDEO、マンガの部門がありそれをアスタナヒーロ
ーと言うテーマで作るものでした。
残念ながら日本人のはいったチームの最優秀はありませんでした。

こちら委員長のティムール監督。
いまからまた別の表彰が始まります。

相内さんの登場です!

横の人は通訳です。
通訳付きとかかっこいいですよねー。

ティムール監督から表彰されます。
うーん、すごい!

さて、その後表彰の後はアメージングスパイダーマンをロシア語で観て、私たちはクロージングパーティーにやってきました。

日本チームとアテンションおじさん(女子組が命名)の集合写真。
みんな疲れも取れハイテンション!


こちら韓国チームと日本チームの食事テーブル。
国境も超えてわいわいです。

こちらなんだかさわやかなおざさん。

こっちはデジクリ4年生の千合くん。

海外慣れをして、悪い顔になってきた映像2年生の桐井くん

相変わらず笑顔が最高な映像2年生の上野くん。
その笑顔は世界共通ですぜ!

2年生谷君は世界どこでもモテモテでした。くそっ!

こちらマンガチーム。会場では表彰されなかったけどパーティーにて表彰されました。すごい!

で、みんながんばってで賞的な賞状をもらいました。
ちゃんと実行委員長のティムール監督のサイン入りの!
大事にしないと!

賞状を持って記念撮影。

みんなで困難に立ち向かった結果日本チームは学部を超えて仲良くなりました。

そして海外チームとも仲良くなりました。
交流万歳!

上野君も国際交流写真。ん?うらやましい?

そして最後にはティムール監督の登場!
相内さんと熱い握手。

おざさんも緊張気味なのでしょうか。
一気に人が群がります!さすが有名人!!w

上野くんも二人で記念撮影。ふたりとも笑顔がさわやか!

みんな握手を求めて殺到。それすべてに答えるティムール監督、さすがです。

映像女子ーズとティムール監督。ティムール監督のダブルピース。レアかも。
てか心なしか上野とのツーショットよりテンション高い気が…w

最後にいきなり海外チームとシャッフルされて寝ずにがんばった2年生ズ

交流会は色々な人と絡み合い、最後にはティムール監督が現れ、みんな楽しみました。
これにてカザフスタンのアスタナ国際アクション映画祭はTHE END

ゆっくり寝て、翌日からはカザフスタン観光が待っています。
さてそれについてはまた次回。

以上、葉大でした。

ばいにー♪